Hexenkessel
 (悪女と僕。|Blue Bird Journeyから)

広島ご当地アラフォーアイドルユニット「悪女時代」 CD デビュー

(悪女と僕。|Blue Bird Journeyから)

広島ご当地アラフォーアイドルユニット「悪女時代」 CD デビュー

Palmer Luckey氏: ええ、「SAO」は大好きですよ。日本語わからないのに、英語版が出る前から視聴してたほどです。それに「SAO」だけじゃなくて、「.hack」や「攻殻機動隊」も好きで。他にも日本のアニメは「デスノート」や「コードギアス」もお気に入りです。私はアニメ専門家ではないので詳しくは語れないのですが、日本のアニメはより“ストーリーを語れる“ものであることが気に入っています。

 御存知の通りアメリカには沢山のテレビ番組がありますが、これがリアルな日常をベースにしたものばかりなんですよね。犯罪ショーに、軍事ショー。でもアニメでは、想像できる限りのファンタジーが詰め込まれていて、だから非常に素晴らしいSFもたくさん生まれています。それらが示す世界観は、私がVRに追い求める“体験”にすごく近いんですよ。

──つまり、「RIFT」で目指す未来に、「SAO」のような巨大なメタバース世界を見ているのでしょうか?

Palmer Luckey氏: それがゴールです。そこから見れば、現在、私達のテクノロジーは非常に原始的なものでしかありません。初期の携帯電話を考えてみてください。巨大で、重くて、肩に担ぐようなものでとても快適に使えるものじゃありませんでした。でも技術の進歩で良いものになったんです。昔は皆が「大きい、不便」と言っていたものが、改良されたら、皆が皆使うものになりました。VRも同じ道を歩みます。今は性能が不足し、かさばって、とても高価ですが、いずれ安く、高品質で、そして生活にもっと密着できるものになりますよ。いずれ誰もが、何かのためにVRを利用する時代が必ず来ます。

 東日本大震災の復興予算を投じた「コンテンツ緊急電子化事業」が本来の事業目的と異なっている問題で、事業を管轄する経済産業省と受託団体の日本出版インフラセンター(JPO、東京)が被災地の企業に発注した金額や対象書籍の冊数を把握していないことが18日、分かった。
(中略)
 契約書などの資料に関する河北新報社の情報公開請求に対し、経産省文化情報関連産業課の担当者は「経産省に資料はなく、JPOに問い合わせてほしい」と回答。被災地企業への発注額の内訳に関しては「数字を持っていない」と述べた。
 JPOの責任者は「被災地の定義が分からないので算出できない。実務は別の会社が取り仕切っており、細かい数字は分からない」と説明する。
 JPOの実務を担う民間会社パブリッシングリンク(東京)の担当者は「被災地企業への発注額は分からない。契約上、発注額の内訳は言えない」と話す。
 制作会社別の電子化書籍の冊数も明らかになっていない。JPOは発注した30社の社名だけをホームページで公開。ほぼ半数は山形を除く東北5県に本社がある企業とみられ、大手印刷会社2社も含まれる。
 電子書籍に詳しい出版関係者は「冊数ベースでみると被災地企業に回った仕事は少なく、大半は大手印刷会社が請け負った」と指摘する。
グリマスはアイドルを「カード」と呼称し「カード売却」というメニューが存在するがモバマスは「カード」を禁句にし、売却ではなく移籍としている。細かいようだがキャラゲーはこういう所が致命的だったりする。
46187:

「るろうに剣心」佐藤健からくまモンに主役交代!?製作期間3ヶ月30万円特注衣装ポスターも | ニコニコニュース
小さなゲーム会社に勤めてたとき、プログラマーの人たちがモニターをみてため息つきながら「なんて美しいコードなんだ…」って言い合ってて、すてきな光景だなと思った。デスマ真っ只中だったけれど。
Twitter / skner_ (via igi)

私は小人さんが書いたコードを見たことがある。客先で修羅場中だったけど。

nami1001:

dummy

nami1001:

dummy

highlandvalley:

Twitter / tarzany: 別のスポーツ新聞もついコンビニに買いに行ったよ……… htt …
magicalnaturetour:

Light Colors Photo by Philippe Sainte-Laudy

もう一年ほど前になるがショッキングな事件が報道された。北九州の病院の看護師で病棟課長の女性が、入院患者の高齢者4人のつめをはがす虐待を行っていたというのである。看護師は「自然に取れた。水虫の処置のつもりでやった」と供述し虐待を否定していたが、病院は傷害容疑で刑事告発した上で懲戒解雇したという。看護師は傷害容疑で逮捕され、起訴。そして身柄を拘束されたまま、第1回公判前整理手続が開かれた。ところが、この事件は意外な展開を見せることになった・・・。
 日本看護協会が、事件現場の看護仲間や病院関係者から情報を収集してこの事件を調査した結果、この看護師が行った行為は虐待ではなく、看護実践から得た経験知に基づく看護ケアであったと判断し、その見解を発表したのである。

 私がこの事件の顛末を知ったのは、テレビ朝日の報道番組『ザ・スクープ』によってである。番組の取材によるとこの「つめはがし」という行為は、お年寄りなどに多く見られる白癬菌などによる「肥厚爪」を整え、清潔に保つケアの一貫であったというのである。彼女の行為を見た「肥厚爪」の知識のない病院スタッフによる内部告発に、病院側が慌てて、拙速に謝罪の記者会見を行った。そして、つめはがし、老人虐待、看護ノイローゼといった言葉が一人歩きする。番組の映像には、謝罪記者会見の模様が映し出され、記者が、事件の再発防止策に具体的なものがないといって病院側に詰め寄るという光景が映し出されていた。正義の鉄槌を振り下ろしているマスコミと、おろおろして責任回避しようとしている病院責任者という構図である。